narabe のすべての投稿

神奈川県ジュニア/ユース ライフセービング競技会について

2017/2/12(日)に、第3回ジュニア/ユースライフセービング・プール競技会が行われました。

湘南ひらつかL.S.C.からは以下のジュニア/ユースが出場しました。
小学2年生: 1名
小学3年生: 1名
小学4年生: 4名
小学5年生: 3名
小学6年生: 1名
中学1年生: 2名
中学2年生: 2名 (計:14名)

このうち、「友達と一緒にリレーに出たいな」とか、「プール大会なら出てみようかな」とか、「ライフセービングってなんだか分からないけどやってみたいな」という色々な理由で臨時出場してくれたジュニア/ユースは、なんと半数の7名!
友達と一緒に出場できた大会で、ヒラッパーズたちも嬉しそうです。

日ごろの練習の成果を存分に出しきって・・・と言いたいところですが、やはり大会は独特の雰囲気があり、緊張が取れないジュニアもいました。また、小学生は予選と決勝があったため競技時間の間が狭く、お昼ごはんを食べそびれてフラフラになったジュニアもいてとても忙しい大会でしたが、誰も招集漏れすることなく登録種目に全員出場することが出来ました。昨年は観覧席から応援だけして、悔しい思いをしていた子も1年間で4泳法をマスターして大会に挑むこともでき、子供たちそれぞれが自分の目標をクリアできた大会となりました。残念ながら失格となってしまった人はしっかりと失格原因を理解して次回悔しい思いをしないように挑んでくださいね。

下記は競技結果です。

【個人種目】
◆中学生男子 100m障害物スイム
4位 奈良部 元春
13位 桐山 周
◆中学生男子 100mマネキントウ・ウィズフィン
3位 奈良部 元春
9位 伊藤 亮賀
14位 桐山 周
◆小学1.2年生混合 ジュニアチューブレース
1位 石川 真菜<大会新>
◆小学3.4年生女子 50m障害スイム
1位 伊東 紗弥香
9位 宮田 沙那
◆小学3.4年生男子 50m障害スイム
7位 桐山 庚
13位 小八重 優斗
◆小学5.6年生女子 50m障害スイム
3位 久保田 純令
13位 山口 小春
◆小学5.6年生男子 50m障害スイム
13位 鴇田 翔
14位 浅賀 英貴
◆小学3.4年生女子 レスキューチューブトウ
5位 宮田 沙那
◆小学3.4年生男子 レスキューチューブトウ
3位 中根 由喬
8位 桐山 庚
11位 小八重 優斗
◆小学5.6年生女子 レスキューチューブトウ
3位 久保田 純令
12位 山口 小春
◆小学5.6年生男子 レスキューチューブトウ
10位 鴇田 翔
11位 浅賀 英貴

【団体種目】
◆中学生男子     200m障害物リレー
2位
◆小学生混合 <予選>200m障害物リレー
4位 Aチーム
12位 Bチーム
◆小学生混合 <決勝>200m障害物リレー
4位 Aチーム
◆小学生混合 <予選>200mレスキューチューブリレー
2位 Aチーム
10位 Bチーム
◆小学生混合 <決勝>200mレスキューチューブリレー
1位 Aチーム

大会にあたりスタッフや役員、オフィシャルとしてご協力いただいた社会人、学生の皆様、本当にありがとうございました。そして、お疲れさまでした。応援に来てくれた皆様、一日ありがとうございました。

少し早いですがいよいよ海の季節の到来です。ヒラッパーズらしく次の大会目指して頑張りましょう!

公式な記録は下記をご覧ください。

【競技結果】第3回神奈川県ジュニア/ユース ライフセービング・プール競技会

スライドショーには JavaScript が必要です。


【ジュニア活動】プール練習を行いました

2月11日(土)早朝プール練習を行いました。

この日は大会前日の最後の練習です。それぞれ、不安な部分やできないことが無くなるようにコーチ陣、選手ともに気合が入った練習でした。
残念ながらユースは別のところで泳ぐため、欠席でした。
ジュニアにはもう一つ直前のリレーメンバー発表がありました。Aチーム・Bチームの2つのチームに分かれ、全員で競技会に挑みます。
飛び込み練習、障害レース練習、チューブを輪にする練習、100m泳ぐ練習、すべてのことを練習しました。
後は本番を残すのみです。

ジュニアもユースも悔いを残さないように、個人競技とリレーを頑張ります。

スライドショーには JavaScript が必要です。


【ジュニア活動】プールプログラムに参加しました

2月5日(日)に神奈川大学横浜校舎で学生室にて行われた「プールプログラム」イベントに参加してきました。

大学生のお兄さん、お姉さんからライフセーバーで必要な競技知識や手当方法、心肺蘇生、などを習うプログラムです。
まず午前中にジュニアはウオーターセーフティの内容で自身の身を守る方法をプールで習います。ニッパーボードにも乗せてもらい、久しぶりの感覚に笑顔があふれだしました。その頃ユースは心肺蘇生法を習いました。毎年色々なところで同じ内容を習っていますが、すっかり忘れてしまっているのが見て取れました。反復練習はとても重要です。
午後にはプールと広場の場所を入れ替え、ユースがプール競技を習いました。フィンの使い方やラインスローなどのコツを習い、実際にすぐ試してみることが出来ました。大会前に貴重な情報を得ることが出来ました。ジュニアはそのころ三角巾の使い方を習いました。ほかのクラブでは日赤の三角巾コンテストにも参加しているので、とても鮮やかに本結びを決めています。
このプログラムのファンで、すでに参加3回目のジュニアもいます。教えてもらう内容は毎年大きく変わることはありませんが、このプログラムで新しい友達を作ったり、他のクラブチームとチーム同士で仲良くなったりするのもこのイベントの醍醐味です。ジュニアが一番気に入っているのは大学生のお兄さんお姉さんとの昼食と、レクリエーションです。対して今回ユース男子は1名での参加のため、他のクラブチームや部活から参加している団体に完全に飲まれ気味。誰とも会話することなく孤独に耐えた一日になったそうです。

最後にみんなでおそろいのTシャツを着て記念写真を撮って別れました。

スライドショーには JavaScript が必要です。