【ジュニア活動】プールプログラムに参加しました

2月5日(日)に神奈川大学横浜校舎で学生室にて行われた「プールプログラム」イベントに参加してきました。

大学生のお兄さん、お姉さんからライフセーバーで必要な競技知識や手当方法、心肺蘇生、などを習うプログラムです。
まず午前中にジュニアはウオーターセーフティの内容で自身の身を守る方法をプールで習います。ニッパーボードにも乗せてもらい、久しぶりの感覚に笑顔があふれだしました。その頃ユースは心肺蘇生法を習いました。毎年色々なところで同じ内容を習っていますが、すっかり忘れてしまっているのが見て取れました。反復練習はとても重要です。
午後にはプールと広場の場所を入れ替え、ユースがプール競技を習いました。フィンの使い方やラインスローなどのコツを習い、実際にすぐ試してみることが出来ました。大会前に貴重な情報を得ることが出来ました。ジュニアはそのころ三角巾の使い方を習いました。ほかのクラブでは日赤の三角巾コンテストにも参加しているので、とても鮮やかに本結びを決めています。
このプログラムのファンで、すでに参加3回目のジュニアもいます。教えてもらう内容は毎年大きく変わることはありませんが、このプログラムで新しい友達を作ったり、他のクラブチームとチーム同士で仲良くなったりするのもこのイベントの醍醐味です。ジュニアが一番気に入っているのは大学生のお兄さんお姉さんとの昼食と、レクリエーションです。対して今回ユース男子は1名での参加のため、他のクラブチームや部活から参加している団体に完全に飲まれ気味。誰とも会話することなく孤独に耐えた一日になったそうです。

最後にみんなでおそろいのTシャツを着て記念写真を撮って別れました。

スライドショーには JavaScript が必要です。